婚約指輪の相場と価格と予算について

婚約指輪の相場と価格と予算について

婚約指輪は給料の三か月分が相場だと耳にしたことがありますが、ジュエリー会社の宣伝文句として広まっただけで、実際には価格の相場は20万円~30万円であることが多いようです。
一昔前までは婚約指輪の価格で男性の覚悟を測る風潮がありましたが、近年ではあまり値段にこだわることはありません。
結婚式にお金をかける人も少なくなり、婚約指輪などに使うよりも生活費や新婚旅行などに使いたいという人が増えています。
特に、婚約指輪は結婚してからはめる機会がほとんどないため、大金を支払うのはもったいないと思われているようです。
そのため、予算としては20万円から30万円ほどを予定しておくと良いでしょう。
男性が一人で選ぶよりも、女性と一緒に選ぶ方が喜ばれる傾向があります。
ジュエリーに関する知識がない人は、無理に自分で選ぼうとせず女性の好みを聞いてからの方が賢明です。
せっかく指輪を贈るのであれば喜ばれるものを選ぶのが一番です。

年齢を重ねることも考えて婚約指輪のデザインを考えよう

婚約指輪は年齢を重ねることも考えて、おばあちゃんになった時でも身に着けられるデザインを選択するのも1つの選び方です。
婚約指輪は指輪のアーム部分に宝石を装飾するデザインが基本です。
装飾する宝石に決まりはありませんが、日本では希少価値の高さや、地球で最も硬い鉱物で永遠の愛を誓う時に贈る指輪にふさわしいことから、ダイヤモンドとなるのが一般的となっています。
アームの中央部分に装飾するソリティアや、メレダイヤを敷きつめるパヴェなど色々なデザインがあります。
年齢を重ねても身に着けやすいのは、シンプルなソリティアです。
パヴエもデザイン的にはステキですが、大人の女性が身に着けるには少し可愛らしすぎると感じることもあるかもしれません。
またダイヤモンドにもピンクなどカラーがあります。
ピンクダイヤモンドは可愛らしさが魅力ですが、やはり年齢を重ねた時に身に着けるには年齢に合わないと感じることもあるでしょう。
基本的なダイヤモンドでシンプルなデザインなら、年齢関係なく身に着けやすいのでおすすめです。

婚約指輪に関する情報サイト
婚約指輪と結婚指輪の違い

当サイトでは婚約指輪と結婚指輪の違いはどこにあるのかなどの、エンゲージリングに関するさまざまな基礎知識をご紹介しています。
ウェディング関係の指輪にも色々あるため、迷ってしまう場合には参考になるかもしれません。
婚約の際に贈る指輪でよく使われる素材と加工方法についても解説しています。
どのような素材の指輪を選んだら良いか決めかねるときに役立つでしょう。
さらにエンゲージリングの相場と価格・予算についても説明しています。

Search